溶剤は、塗料を形成するうえで重要な成分ですが、塗膜には残らないので、塗膜助要素と呼ばれています。

 うすめ液は均一な塗膜や膜厚を確保して美しく仕上げたり、また、適正な作業性を付与したりする役割があります。そのためには、規定の範囲内でうすめることが重要です。

 溶剤は、一般に樹脂を溶かす液体ですが、環境問題、健康問題などから水性への移行が進んでいます。

▲このページのトップに戻る