設計図及び仕様書をよく読解して、材料に関しては施工別、あるいは材料別に数量を算出し、これにその時点での単価を掛けて工事価格を計算する。工事の価格はすべてこの工事価格を基盤にして決定され、この工事価格を計算する作業を積算という。すなわち積算は、工事がいくらででき上がるかを予測する行為である。これに対して、見積りは、この工事をいくらにすべきかの見当をつける行為であって、積算にもとづいて、これに期待する利益を加えて見積り価格や入札価格を決める。

▲このページのトップに戻る