コンクリートとは、砂、砂利などの骨材を水硬性セメントで固めたものをいい、砂などの粒径5㎜以下の細かい骨材だけを用いたものをモルタルという。コンクリートはセメント、水、骨材を練り混ぜ、型枠に詰めて硬化させ成型物とする。

脱型した成型物の表面を打放しコンクリート面であり、塗装の素地面となる。

▲このページのトップに戻る