火災には細心の注意を払わなければならないので、溶剤類の特性を理解し、正しく取り扱わなければならない。

▲このページのトップに戻る